窓ガラスの修理はサービスのいい業者に任せるべき

窓と花

虫の侵入を防ぐ

メンズ

「網戸」を張り替えるタイミングは特に決まっていないが、使っているうちにたるみや歪みがおこり老朽する。良い状態を長持ちさせるためには、10年に1度張替えるのがベストである。網戸の主な役割は蚊やコバエ、アリなど小さな虫の侵入を防ぐこと、外側から見えにくくすることだ。種類はパネルタイプとロールタイプ、アコーディオンタイプがある。パネルは窓枠に張り付けたオーソドックスなもので、引き戸の多い国内で多く使用されている。張替える費用が安いことも、このタイプの利点だ。ロールタイプは上から下に下ろして使うもので、洋室によく合う。アコーディオンタイプは横にずらして使用するのが特徴で、コンパクトに折り畳めるのがメリットだ。

「網戸」の張替えを業者にお願いする前に、素材を知っておくべきだ。最近人気がじわじわ上昇している素材は、ペットが引っ掻いても破れない丈夫なもので、室内の明るさを確保できるのも良い点である。また、よく断熱材として使われているグラスウールも好評だ。こちらも丈夫な素材で、タバコの火がついても破れないくらい防火性が高い。そしてステンレスタイプは、一般宅で使われることはないが、網戸の中で最も長持ちする素材と言われている。ゆるんだり破れることがないのもステンレスの良いところである。このタイプを選べば20年張替える必要はない。それぞれにメリットがあるので、どの素材にするかは施工費用と耐久性を考えて判断すると良い。